Loading

ボイストレーニングについて

ヴォイストレーニング・ヴォイストレーナーについて

皆様のお声の悩みは何ですか?人の声は十人十色・またお声の悩みも十人十色です。
けれどご安心下さい!講師は、皆様の歌声やお声を聴いただけで改善点が分かります。

これがTAKAHIROプロヴォーカルスクールの強みです。その改善点・改善策が分かったらすぐその場で、皆様に合理的・具体的に改善方法をお伝えしています。

お声が弱いと感じたら、呼吸法や・息のスピードを増す練習が必要です。ウラ声がひっくり返るようであれば、オモテ声とウラ声の声色を変えないで繋げていく、ミドルボイスを用いた発声訓練が必要です。

皆様のお声の不安やお悩みを取り除くのもヴォイストレーナーの仕事ですし、皆様がお好きな歌のジャンルに合った発声法を伝授するのもヴォイストレーナーの仕事だと私は思います。

ヴォイスカウンセリング

繰り返しますが、人の声は十人十色です。それぞれの発声法、声質、音域、リズム感などを、指導する側が把握していないとスムーズなレッスンは行えません。当教室ではレッスン初日に歌唱、発声してもらい細かくチェック・記載し、皆さんに結果をお伝えすると同時に上達への最短距離を探します。

呼吸法

『声を出す』ということにおいて、呼吸法は完全にマスターしたい項目の一つです。『もっとお腹から声を出して!』と言われた事はありませんか?しかし、なぜそれが必要なのか?またその方法とはどんなものなのか?というものを論理的・合理的に説明でき、しかも実践できる先生はなかなか少ないのではないでしょうか?
 当教室の講師はそんなことはもちろんありませんのでご安心下さい。

発声

腹式呼吸を具体的に学びながら、それに声を乗せて行きます。皆様の歌のジャンルに適した発声を、皆様の声質と照らし合わせながら練習していきます。また喉声がお悩みでしたらなぜその現象が起きるのかを理解していただき、合理的な方法で治していきます。またご希望の曲のジャンルに合ったウラ声の出し方も学んでいきます。

発音

言葉をしっかりリスナーに届けるためには、正しい発音で歌う必要があります。言葉によって響き方が変わらないように、しっかり心が届く様に独自の方法を使って学んでいきます。

音程

歌っていて一番気になるのが音程でしょう。ただ世の中に、本当に音痴な人は殆どいません。大体の方が自己判断で音痴と思いこんだり、人から言われてそういう気持ちになっているだけです。メンタル面から、音の捉え方まで、独自の方法で学んでいきます。

リズム

これも歌を歌うのには大切なものです。音程よりも重要かもしれません。実際に踊ったりする事はありませんが、リズムの捉え方、感じ方にはコツがあるのです。

抑揚・感情表現

抑揚・感情表現は歌のレッスンの中ではかなり難しい部分です。聴いてる人に感動してもらいたい!そんな思いにも講師がお応えしていきます。その何かを伝える為、歌い回し、フレーズの置き方、表情、届ける!!という事に重点をおいたレッスンです。

トータルチェック

全ての項目の総復習として、さらにそれらを実践的に活用した練習です。このレッスンの時に出る声を初回の授業時にとったデーターと比べてみて下さい。音域も声量も格段に変わっている事に気付くでしょう!

よくある質問

歌や音楽の経験がまったく無いのですが、受講してもだいじょうぶですか。

まったく問題ありません。始めて歌を習う方にも分かりやすい内容になっていますからご安心ください。

高い声を出したいのですが音域は伸びますか?

音域を決定づけるものは声帯の大きさと柔軟性です。低い音域は声帯の大きさで限界がありますが、高い音域については声帯の柔軟性と咽頭部の共鳴部分を保つトレーニングで伸ばすことが可能です。

音程が悪いとよく言われるのですが、いわゆる「音痴」なんでしょうか?

健康な人なら「音痴」はいません。経験とトレーニングで 音程の悪さは克服できます。まず正確な楽器と同じ音を出す練習、そして音が合っていないときに二つの音が揺れている状態になっているのがわかるようにする こと。そして音程が合った時は二つの音の揺れが無くなるのが感じられるようにすること。そして歌に関しては常に録音して聴き返すことが大切です。

歌うとすぐ喉が痛くなってしまうのですが?

喉をしめて音程を変えたり、肩で息をしているのが原因だ と思われます。胸式呼吸だと意識的に吸うことはできますが、息を吐くことは自動的になり、自分で意識的に調節できないので、喉に負担をかけることになりま す。あとはきちんとウォーミング・アップしていますか?喉に充分に血液が行き渡り暖まらないで声を出すと、喉を痛めます。野球選手が試合前にキャッチ・ ボールから行うのと一緒です。

PAGE TOP